水源の里集落の活動・イベント情報をおしらせ
0
    「水源の里連絡協議会」地方自治法施行70年記念総務大臣表彰を受賞

    「水源の里連絡協議会」が、地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰を受賞しました!

    12月19日(火)には綾部市役所にて、表彰の伝達式が行われ、役員の4名の皆さんが出席されました。

     

    左より、市志の阪田さん、老富の西田さん、山崎市長、古屋の渡邉さん、橋上の佐々木さん

    この表彰は、地方自治法施行70年を記念し、地方自治の伸展及び住民の福祉の増進に努めた団体および個人に対して、総務大臣から表彰されるものです。

    今回の受賞者は全国で団体245団体、個人261名。うち京都府で6団体、個人7名が表彰されました。

     

    伝達式では、山崎市長より表彰状の伝達がありました。

     

    感慨深く表彰を受け取る皆さん。

    集落間で連携し、都市住民との交流や特産品の開発、U・Iターンの促進など、地域力の向上に貢献したことが評価されました。

     

    山崎市長より、感謝と激励のことばをいただきました。

    この度の受賞、誠におめでとうございます。

     

    表彰状

     

    記念品

    | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
    0
      第10回 全国水源の里シンポジウム

      10/26・27日に、綾部市で「第10回 全国水源の里シンポジウム」が開催されました。

       

      限界集落を再生するための条例が綾部市に生まれてから10年。集落の方は力を合わせて取り組んできました。

      今回はその成果を共有し、次の10年に向けて心をひとつにする場となりました。

       

      <1日目>

      ○シンポジウム

      会場:中丹文化会館

       

      第8回全国水源の里フォトコンテスト展示

      素晴らしい作品が集まりました。

      (コンテストの結果はコチラをクリックしてください)

       

      物販コーナーも大盛況でした!

       

      作品を展示・紹介される、水源の里・老富(おいとみ)在住の陶芸家、トレーシー・グラスさん

       

      手前:水源の里・金河内(かねごち)在住のガラス工芸作家、小池やすしさん・由佳子さんの作品

      奥 :水源の里・古屋(こや)で創作活動をされる染色画家、松本健宏さんのろうけつ染め作品

       

      特別表彰で山崎市長より表彰状を授与される、「水源の里連絡協議会」会長の酒井聖義さん

       

      東京大学名誉教授、養老孟司氏による基調講演

       

      水源の里の10年を紹介するビデオプレゼンテーション

      各集落が行う様々な取り組みやそこに住む人たちの思いがまとめられ、タイトルの「立ち上がる集落の挑戦」が伝わってきました。

       

       

       

      実践報告をされる、老富代表の西田昌一さん(上)と、古屋自治会長の渡邉和重さん(下)

      おふたりの気持ちがこもったプレゼンテーションに、感銘を受けた方も多いのではないでしょうか。

       

      真剣な様子でプレゼンテーションを見守る、水源の里のみなさん

       

      時間が迫る中で白熱したパネルディスカッション

      コーディネーターは嘉田良平氏、パネリストは藤山浩氏、小谷あゆみ氏、山崎善也綾部市長

       

      ○交流会

      「京 綾部ホテル」で開催されました。

       

      水源の里・市野瀬在住のシャンソン歌手、ミシェル・フローさんのミニ・コンサート

       

      あやべ太鼓保存会のみなさんによる、あやべ太鼓

       

      <2日目>

      現地視察研修が開催されました

      ・水源の里探究コース(A.光野・老富コース、B.古屋コース、C.橋上・市志コース)
      ・「森の京都」推進コース(D.丹州木材コース、E.志賀郷地区林業コース)
      ・市内散策コース(F.市内散策コース)

       

       

      水源の里・橋上で、参加者のみなさんと記念写真(上)と特産品のきゅうり漬販売(下)

       

       
      水源の里・市志でのプレゼンテーション(上)とフキオーナー制度の圃場見学(下)

       

      水源の里・光野でのプレゼンテーション(上)と水源の里・老富でのプレゼンテーション(下)

      | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
      0
        水源の里・瀬尾谷 ◆ 黒瓜収穫体験・交流会

        水源の里・瀬尾谷は、黒瓜の粕漬けを地域の特産品にと、2年前から全戸が協力して活動を開始。

        8月16日(土)に開催された交流会には、尼崎市や京都市から17名(総勢30名)が参加し、黒瓜の収獲や料理を楽しみました。



        あいにくの雨模様となりましたが、収穫体験もできました。



        地元のおばあちゃん達に教わりながら、瀬尾谷漬けの仕込み作業。



        黒瓜は粕漬け以外にも、おいしい食べ方いろいろ。
        生のまま細かく刻んで加えた、野菜スープとポテトサラダの作り方を伝授。



        昼食は、定番!瀬尾谷漬けのお寿司と瓜入りポテトサラダ、手作りのお餅など。懐かしくやさしい味わいでした。


        また、綾部市のさまざまな旬の話題を動画で伝える「撮れたてあやべ」に、
        当日の様子が公開されていますので、ぜひ、ご覧ください。


        閲覧はこちらから
        綾部市動画チャンネル
        綾部市動画チャンネル (YouTube)
         
        | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
        0
          水源の里・綾部の特産品そろってます!あやべ特産館

          5月24日(土)にオープンし、多くの観光客や市民で連日にぎわいを見せるあやべ特産館(青野町)


          綾部産の新鮮野菜や多種多様な特産品、工芸品が並ぶなか、水源の里の商品もしっかりと存在感を放っています。


          水源の里集落の特産品

          古屋:とち餅、とちの実おかき、とちの実あられ
          瀬尾谷:瀬尾谷漬け(ウリの奈良漬け)
          橋上:ゆずジャム、ゆずマーマレード、きゅうり漬け


              


          所狭しと並ぶ綾部の特産品や工芸品、手作りスイーツの数々。


            
            


          天井が高く開放的な店内には、あやべ茶にこだわった「綾茶café」も併設。





          一歩外に出れば1,200本ものバラが植栽されている、綾部バラ園が広がっています。ぜひ一度、お立ち寄りください。







           
          | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
          0
            水源の里・古屋 ◆ KBS京都で特集番組が放送されます。

            水源の里・古屋の取り組みを振り返り、超高齢化社会時代を迎えた日本のこれからを考る、30分間の報道特別番組が放送されます。
            ぜひ、ご覧ください!

                

            <番組詳細>

            |日時|

            3月27日(木) 19:30〜20:00

            |番組タイトル|
            水源の里・古屋から問う日本の未来 「明日をかけた2年間の軌跡」

            |番組内容|
            「水源の里」活性化に向けたさまざまな取り組み、集落に暮らす人々の想いをリポート。2012年から2年にわたって取材された、古屋集落での特産品づくり、都市部住民との交流事業を振り返るとともに、超高齢化社会時代を迎えたこれからの日本の生き方の「ひとつの指針」として再検証。「課題解決」のための糸口を探ります。

             

            | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
            0
              全国地域づくり推進協議会長賞を受賞
               水源の里連絡協議会は、国土交通省が主催する「平成25年度地域づくり表彰」で、全国地域づくり推進協議会長賞を受賞しました。
               
               表彰式は、11月13日に東京都内で行われました。 11月22日には、酒井聖義会長が山崎市長に受賞を報告。「これまでの取り組みが評価された。これからもがんばりたい」と述べました。

              | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
              0
                全国水源の里シンポジウム(in 高知県大豊町)

                9月26日(木)・27日(金)、全国水源の里シンポジウムが高知県大豊町で開催されました。

                綾部市からも、山崎市長、市議会議員、水源の里集落12集落の住民ら48名が参加しましたので、当日の様子を報告します。


                会場:ゆとりすとパークおおとよ

                シンポジウムは、全国水源の里連絡協議会に参画する市町村の住民や行政関係者が一堂に会する、年に一度の機会です。

                今年は、標高750メートルに位置する「ゆとりすとパークおおとよ」の芝生広場を会場に、開放的な雰囲気のなかでのシンポジウムとなりました。


                祝辞を述べる山崎市長 


                【1日目】
                大豊町長の開会のあいさつに始まり、山崎市長の祝辞や全国水源の里フォトコンテストの表彰式が行われました。

                午後からは、水源の里の課題や活動の発表がありました。


                蝪複圍汰躪膰Φ羹蠱楼菴橋愁妊レクター・山口祥義さん

                緊急報告として蝪複圍汰躪膰Φ羹蠱楼菴橋愁妊レクター・山口祥義さんが登壇。

                「旅行業界から見た“水源の里”」と題し、観光に「研修」や「体験」の要素を取り入れた着地型観光が、水源の里の地域活性化に役立っていると述べました。

                また、都市住民が2世・3世となっており、田舎を知らない人が多くなっていることを指摘。積極的な都市農村交流の必要性を訴えました。


                明治大学農学部教授・小田切徳美さん

                続いて、明治大学農学部教授・小田切徳美さんが「日本に“水源の里”はいらないか?」と題して講演。

                全国で地域おこし協力隊として若者が活躍していることや農山村に移住したい若者が増加していることを例に挙げ、若者を中心に農山村に対する視線が変わり始めていることを指摘しました。

                さらに、「食料」「エネルギー」「水」「二酸化炭素の吸収源」を供給している農山村の価値を再評価すること。地域に住み続ける誇りや意義を確立させる「暮らしのものさしづくり」などの地域づくりに必要な要素を確立することの必要性を述べました。


                【2日目】
                四国最大級の製材工場「高知おおとよ製材蝓廖∨椹劃と土佐町にまたがる四国最大のダム「早明浦ダム」、標高400〜700mに位置する山村集落を視察しました。


                急峻な斜面に棚田が広がっていました


                シンポジウム終了後、綾部市の参加者で記念撮影

                 

                | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
                0
                  水源の里・瀬尾谷 ◆ 活動の様子がNHKのTV番組で紹介されます!

                  京都のローカルニュース番組『京いちにち』に瀬尾谷集落が登場。

                  ガイドブックにも載っていない京都の「ええとこ」を探すコーナー『京のええとこ連れてって』で瀬尾谷集落の活動が紹介されます。

                  ぜひ、ご覧ください!


                  瀬尾谷うり.jpg
                  瀬尾谷では、クロウリの粕漬けの特産品にすべく、昨年から試作品づくりに取り組んでいます。


                  [番組詳細]


                  ●番組:ニュース610京いちにち
                  (NHK京都放送局・総合)

                  ●日時 : 9月6日(金),18:10〜19:00
                   ※瀬尾谷の特集は、18:30頃から放送予定


                  番組のHPはこちら


                  | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
                  0
                    応募締切間近! 第5回全国水源の里フォトコンテスト

                    全国水源の里連絡協議会では、水源の里の四季折々の自然風景、人々の生活など、水源の里の魅力が表現された作品を募集しています。

                    ぜひ、綾部の風景もご応募ください!


                    第2回 グランプリ作品 「幻想の朝」 撮影者:斉藤徹 撮影場所:山形県飯豊町
                    第2回(2010) グランプリ作品 「幻想の朝」
                    撮影者:斉藤徹 撮影場所:山形県飯豊町


                    応募締切:7月31日(水) ※当日消印有効


                    応募要項等、詳細はこちらから。







                    | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
                    0
                      水源の里・市志 ◆ KBS京都に登場します!

                      「ふきオーナー園」や「スイセンとヒガンバナの丘」の開園、稲木干し風景復活に向けた田植え体験など、次々と新しい取り組みに挑戦している水源の里・市志の皆さん。





                      先日、地域で頑張る人や伝統芸能・文化に関わる人などを紹介する番組「トクするテレビ 京都ふらり」の取材を受けました。


                      今まさに収穫シーズンを迎えている「山ぶき」の話題から、これまでの様々な活動の様子、集落の美しい風景など、盛りだくさんの内容となる予定です。


                      ぜひ、ご覧ください



                      オーナー園のふき (2013.5.22)



                      [番組詳細]
                      KBS京都 「トクするテレビ 京都ふらり」
                      日時:6月3日(月) 21:30〜22:00
                      番組HPはこちら





                      | 水源の里ニュース | - | trackbacks(0) |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      + ホームページ TOP
                      あやべ水源の里
                      + Facebook
                      + 最近の記事
                      + カテゴリー
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + 過去の記事
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ